アコムと新生銀行カードローン レイク申し込み

アコムと新生銀行カードローン レイクを比較してみました

アコムと新生銀行カードローン レイクは、どちらも銀行系のキャッシング業者です。

 

銀行系ということもあり、どちらのキャッシング業者も金利が低めに設定されていますので、他のキャッシング業者より返済負担が少なくなっています。

 

ではアコムと新生銀行カードローン レイク、利用するならどちらのキャッシング業者のほうが良いのでしょうか。

 

以下でアコムと新生銀行カードローン レイクにおける審査申し込みのメリットとデメリットを徹底解説していますので、チェックしてみてください。

 

アコムの審査申し込み

メリット

アコムの審査に申し込みするメリットに、契約期間が長いということが挙げられます。

 

アコムの契約期間は最長9年7か月ですが、新生銀行カードローン レイクの契約期間は最長5年です。

 

長く利用し続けるなら、アコムのほうが利用しやすいでしょう。

 

また、現在アコムでは30日間の金利0円サービスを実施しています。

 

条件は、アコムでの契約がはじめてで、返済期日「35日ごと」で契約の方が対象になりますが、利用者に非常に好評です。

 

また金利面でも、新生銀行カードローン レイクの実質年率は4.5%から18.0%である一方で、アコムの実質年率は3.0%から18.0%となっています。

 

4.5%、3.0%という下限の金利は高額の借り入れの場合に適用されますので、5万円までなどの少額を借り入れる場合、一般的には18.0%という上限を比較して見ますが、高額を借り入れる際などを考えると金利の低いアコムのほうが将来的なメリットは大きいと言えるでしょう。

 

デメリット

新生銀行カードローン レイクとアコムを比較して、アコムのデメリットは、新生銀行カードローン レイクのキャンペーンが豊富な以外は、正直、ほぼないと言えます。

 

新生銀行カードローン レイクの審査申し込み

メリット

新生銀行カードローン レイクの審査に申し込みするメリットとして、キャンペーンが豊富という点が挙げられます。

 

初回のご利用限定にはなりますが、180日間無利息と30日間無利息のキャンペーンどちらかを利用することができますので、初めて利用する方にはメリットとなるはずです。

 

デメリット

上記でも説明したように、アコムと比較して契約期間が短く設定されています。

 

また銀行のカードローンだけに、申し込み後の融資審査が厳しいということが言えます。

 

以上を総合的に考察すると、現在の借り入れ状況によって、どちらのカードローンがいいかは異なるといえるでしょう。

 

アコムの利用が初めてなら30日間金利0円サービス中のアコムをおすすめします。

 

アコム公式サイト

 

都道府県別アコムの店舗

北海道 北海道
東北エリア

青森 ・岩手 ・秋田 ・宮城 ・山形 ・福島

関東エリア 茨城 ・栃木 ・群馬 ・埼玉 ・東京 ・千葉 ・神奈川
中部エリア 新潟 ・富山 ・石川 ・福井 ・山梨 ・長野 ・岐阜 ・静岡 ・愛知
近畿エリア 三重 ・滋賀 ・京都 ・大阪 ・兵庫 ・奈良 ・和歌山
中国エリア 鳥取 ・島根 ・岡山 ・広島 ・山口
四国エリア 徳島 ・香川 ・愛媛 ・高知
九州・沖縄エリア 福岡 ・佐賀 ・長崎 ・熊本 ・大分 ・宮崎 ・鹿児島 ・沖縄